読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

介護用品の志水商会blog

介護用品屋さんの日々思ったことを書いてみたりします。商品の説明もたまにします。

指はさみ事故を目撃する

たまたま営業で、お客様のところへ行ったら

車いすでの指はさみ事故の話になりました。

救急車もやってきて大騒ぎになったそうです。

指が抜けなくて。

 

この車いすは、当店から購入した製品ではなかったので

お客様からは怒られなかったのですが、

同タイプの上位機種を、他の特養さんに販売しているので

「な、なにイ」

「ま、これはまさかあの・・伝説の・・・」

って感じです。

 

私、この上位機種をとても高く評価していただけにすごくショック。

機械機構の完成度は高いし、他社の同タイプと比べても頭一つ抜きんでていると

思っていただけに、これはまずい。

 

さっそく、販売済みのお客様のところへ訪問して、

上位機種でも同じ状況になるかどうか、職員さん立ち合いの上でチェック。

 

これも、イカン。

 

いや、簡単に起こる事故ではないので、

状況が重ならないと起きないタイプの事故のため、

たぶんリコール等はないでしょう。

 

だけど、できれば、スカートガードの形状を変更するべきです。

変更すれば簡単に防げる事故だからです。

 

ええと、これだけでは、わかりませんね。

 

普通型やモジュール車いすではなく、

フルリクライニングでもありません。

少なくとも自走型の車いすではありません。

これでわかる方にはおおよそわかるでしょう。

角度をつけたとき、スカートガード後ろ側付近に指を挟まないよう

ご注意ください。